女性

費用負担を減らすために葬儀社を選びましょう

費用の仕組み

花

お葬式の費用

通夜や告別式をするなら、お葬式の費用の仕組みについて理解しておくことが大切です。お葬式、初七日、法事などは、すべて葬儀社が取り仕切ってくれます。福岡で身内が他界した場合も、福岡の葬儀社に依頼をして、通夜や告別式の準備をしてもらうことになります。福岡のどこの葬儀社を利用する場合でも、葬儀費用が必要です。葬儀社では予算ごとに様々なプランを用意しているので、予算内でできるお葬式をプランニングしてくれます。一般的には霊柩車、位牌、骨壷、祭壇、ひつぎなどは、葬儀社が用意してくれます。式場使用料、火葬料、役所関係の手続き代行料などは、別に有利で依頼する場合もあります。ただし、必要なのは葬儀社に支払う費用だけではないです。それ以外に接待費とお布施代が必要です。接待費は、通夜や告別式に参列してくれた人たちをおもてなしするために必要になる費用のことです。たとえばお通夜が終わったあとに通夜ぶるまいがありますが、通夜ぶるまいの食事代やアルコール代は、自費で賄う必要があります。また、告別式あとの精霊落とし料理の費用も必要です。あとは会葬返礼品や香典返しなども、人数ぶんだけ必要です。お葬式のときにお経をあげてくれた寺院関係者には、お布施代を支払います。神道の場合は御祭祀料、キリスト教式の場合は献金と言います。お布施代についてはかなり不明瞭で、地方ごとにかなりばらつきがあります。福岡エリアなら、30万円ぐらい用意するのが一般的です。